DSpace1.6のインストールメモ22010-03-31 07:48:59

Apache Mavenのインストール

DSpaceをビルドするために必要.

# cd /usr/local/
# wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist/maven/binaries/apache-maven-2.2.1-bin.tar.gz
#
# tar zxvf apache-maven-2.2.1-bin.tar.gz
# rm apache-maven-2.2.1-bin.tar.gz
# ln -s apache-maven-2.2.1 apache-maven

環境変数を設定する.

# vi /etc/profile

export M2_HOME=/usr/local/apache-maven/
export M2=$M2_HOME/bin
export PATH=$M2:$PATH

PostgreSQLの設定

PostgreSQLを起動する.

# /etc/init.d/postgresql start

初期化されるので、

# vi /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf

上記設定ファイルを編集する.49行目あたりにある「listen_addresses = 'localhost'」のコメントを外し,有効にする.

アクセスコントロールを設定する.

# vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf


# TYPE  DATABASE    USER        CIDR-ADDRESS          METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all         all                               ident sameuser
# IPv4 local connections:
#host    all         all         127.0.0.1/32          ident sameuser
# IPv6 local connections:
#host    all         all         ::1/128               ident sameuser
host    dspace      dspace      127.0.0.1 255.255.255.255 md5

ユーザの追加

ローカルユーザとデータベースユーザを追加する. パスワードはdspaceとする.

# useradd -m dspace
# su - postgres
$ createuser -U postgres -d -A -P dspace
Enter password for new role: dspace
Enter it again: dspace
Shall the new role be allowed to create more new roles? (y/n) n
CREATE ROLE
$ 

データベースの作成

# su - dspace
$ createdb -U dspace -E UNICODE dspace
CREATE DATABASE
$

DSpaceのダウンロードとビルド

$ wget http://downloads.sourceforge.net/project/dspace/DSpace%20Stable/1.6.0/dspace-1.6.0-src-release.tar.gz?use_mirror=jaist
$ tar zxvf dspace-1.6.0-src-release.tar.gz

DSpaceの設定ファイルを書き換える.ここでは取りあえず,インストール先だけ設定する.

$ vi dspace-1.6.0-src-release/dspace/config/dspace.cfg

dspace.dir = /usr/local/dspace

一通り設定したら,ビルド開始.

$ cd /home/dspace/dspace-1.6.0-src-release/dspace
$ mvn package

依存ファイル等のダウンロードが始まるので,しばらくほっておく.

DSpace1.6のインストールメモ32010-03-31 22:35:35

DSpaceのコンパイル&インストール

Antを使ってDSpaceをインストールする.

$ ant fresh_install

実験環境では次のようなエラーが表示された.

/usr/bin/build-classpath: error: Could not find xml-commons-apis
 Java extension for this JVM
/usr/bin/build-classpath: error: Some specified jars were not found
Buildfile: build.xml

BUILD FAILED
/home/dspace/dspace-1.6.0-src-release/dspace/target/
dspace-1.6.0-build.dir/build.xml:86: 
No supported regular expression matcher found

はまったのは「No supported regular expression matcher found」.

上記エラーを解決するために,必要なパッケージをインストールする.

# yum install xml-commons-apis
# yum install ant-apache-regexp

antに拡張パッケージがあるとは知らなかった.

Deploy

インストール先ディレクトリに移動し,Tomcatにウェブアプリケーションを配備する. アプリ配備後,Tomcatを起動する.

$ cd /usr/local/dspace/
$ ls
assetstore  config  exports        lib  reports  solr    webapps
bin         etc     handle-server  log  search   upload
$ su
# cp -rvf /usr/local/dspace/webapps/* /var/lib/tomcat5/webapps/
# /etc/init.d/tomcat5 start
Starting tomcat5:                                          [  OK  ]
#

管理者アカウントの設定

DSpaceの管理者アカウントの作成は「create-administrator」コマンドを使用する.

# /usr/local/dspace/bin/create-administrator
Creating an initial administrator account
E-mail address: root@localhost
First name: 
Last name:
WARNING: Password will appear on-screen.
Password: 
Again to confirm: 
Is the above data correct? (y or n): y
Administrator account created
#

DSpaceの起動

以下のURLにアクセスするとDSpaceのUIが表示される.

  • http://localhost:8080/jspui/
  • http://localhost:8080/xmlui/

あとは細かいチューニングか

DSpace1.6のインストールメモ42010-03-31 22:44:42

DSpaceのjspui画面.いわゆるDSpaceって感じのデザインだね.

DSpace1.6のインストールメモ52010-03-31 22:47:17

こっちはxmluiの方.TEXAS A&M Univ.が開発したDSpaceフロントエンドManakinを使っているらしい.

DSpace日記2010-03-31 22:51:04

新規ユーザ登録を行おうとしたら,さっそくエラー発生.まあ,なんも設定していないもんな.

Internal System Error

The system has experienced an internal error. 
Please try to do what you were doing again, 
and if the problem persists, 
please contact us so we can fix the problem.

Leave a message for the DSpace at My University administrators.

Go to the DSpace home page

 

修正は後日.今日は寝よう.

VMware ESXi Serverのsshdを有効にする2010-03-31 23:15:17

下記サイトを参考にVMware ESXi Serverのsshdを有効にした.

Speed business .info : VMware ESXi Server 4 で sshd を有効にする

クライアントソフトウェアは便利なのだけど,sshも使いたいからね.