Sesameのインストール2010-07-21 00:37:54

CentOS 5.5にSesameをインストール。javaやtomcatはすべてyum経由でインストールした。

アプリの配備

# tar zxvf openrdf-sesame-2.3.2-sdk.tar.gz
# mv openrdf-sesame-2.3.2 /usr/local/
# ln -s /usr/local/openrdf-sesame-2.3.2 /usr/local/sesame
# cp /usr/local/sesame/war/openrdf-*.war /var/lib/tomcat5/webapp

プロパティの設定

データファイルを書き込むディレクトリを指定する。

# mkdir /var/lib/aduna
# vi /etc/tomcat5/catalina.properties

#追加
info.aduna.platform.appdata.basedir=/var/lib/aduna

オーナとグループを変更する。

# chown tomcat /var/lib/aduna
# chgrp tomcat /var/lib/aduna

xml系ライブラリの削除

もともとインストールされているライブラリが悪さをするらしいので、それを削除する。

# cd /usr/share/tomcat5/common/endorsed
# rm *
rm: remove シンボリックリンク `[jaxp_parser_impl].jar'? y
rm: remove シンボリックリンク `[xml-commons-apis].jar'? y

# /etc/init.d/tomcat5 restart

TDBを使う2010-03-05 23:09:27

TDBエンジンを使ってみる.殆ど今までと一緒.

import com.hp.hpl.jena.rdf.model.Model;
import com.hp.hpl.jena.rdf.model.RDFWriter;
import com.hp.hpl.jena.rdf.model.Resource;
import com.hp.hpl.jena.tdb.TDBFactory;
import com.hp.hpl.jena.vocabulary.DC;


public class TDBEx001 {
	public static void main(String[] args) {
		 // アセンブラファイルからモデルを作成する.
		 String assemblerFile = "Store/tdb-assembler.ttl" ;
		 Model model = TDBFactory.assembleModel(assemblerFile) ;
				
		 // リソースを作成する.
		 Resource rc = model.createResource("http://mhrz.asablo.jp/blog/");
		 // リソースにプロパティを追加する.
		 rc.addProperty(DC.title, "mhrz blog");
		
		 // リソースを画面に表示する.
		 RDFWriter writer = model.getWriter("RDF/XML-ABBREV");
		 writer.setProperty("showXMLDeclaration","true");
		 writer.write(model,System.out,"");

		 model.close();
	}
}

Josekiのインストール2009-06-26 10:37:09

Josekiは無料で使えるクエリサーバの一つ.Jenaを使っている人には使いやすいクエリサーバである.

現時点でのバージョンは,3.3.0なので,それをダウンロードして適当な場所に展開する.展開後,適当な場所へ移動させる.

# unzip unzip joseki-3.3.0.zip
# mv Joseki-3.3.0 /usr/local/
#cd /usr/local
# ln -s Joseki-3.3.0 Joseki

環境変数JOSEKIROOTの設定

Josekiを起動するには環境変数JOSEKIROOTを設定する必要がある.

# vi /etc/profile
次の項目を追加する.
JOSEKIROOT="/usr/local/Joseki"
export JOSEKIROOT
# source /etc/profile
起動スクリプトに実行権限を与えて,
# chmod u+x joseki_path
# chmod u+x make_classpath
# chmod u+x rdfserver
./rdfserverで起動することができる.はずだったが, Can't start up: not enough memory なるメッセージが表示されて動かない...

XSPARQL published as a W3C Submission2009-06-24 22:37:56

XSPARQLがW3C Submissionとして公開された.

SPARQLとXQueryを組み合わせた仕様をみたい.確かに両者が組み合わさると便利そう.W3c SWA News.

Ontology for Media Resource 1.02009-06-21 11:20:56

Semantic Web Activity Newsより. Ontology for Media Resource 1.0 W3C Working Draft 18 June 2009公開.メディアリソースのためのオントロジ(語彙セット).既存のメタデータ形式とのマッピングも考慮している.W3Cのワーキングドラフト.

次期CiNiiについて2009-03-13 07:50:29

今朝,国立情報学研究所により現在試験公開されている次期CiNii(サイニィ)の存在を知った(大部前からあったみたい).CiNiiとは,学術論文情報を検索対象とする論文データベースで,よくお世話になるデータベースである.

どうやら,次期CiNiiには,いまどきのシステムらしく外部インタフェースを装備し,さらに,RDF出力機能も装備しているらしい.

さっそく,次期CiNiiにアクセスしてみて,少し触ってみた.

RDF出力機能では詳細情報表示画面の内容をRDF形式で出力してくれる.RDFを出力するには,詳細情報表示画面のURLに/rdfを追加する.

結構良い具合に,RDFが出力される.こういうシステムが増えてくれるのは嬉しい.色々と繋げられそうだ.出来ればfoaf:Personを特定できる何かを追加してくれると,とてもいいのだけど.

SPARQL機能拡張へ2009-02-03 15:21:35

Semantic Web Activity Newsにて,SPARQLワーキンググループが再び立ちあがったことが報告されていた(W3C SPARQL Working Group re-launched).

どうやら推論機能とか拡張性とかについて考えるみたい.要チェックだ.SPARQL Working Group Charter